ハープとは、どんな楽器なのでしょう!?
「難しいの?」「楽譜が読めないけど・・」
大丈夫!心配いりません! 
まずは体験レッスンをしてみましょう♪


以下のフォームにご入力し、送信ボタンをクリックしてください。

お名前:

e-mail:

性別:男性 女性

ハープのご経験は?:はじめて 1年未満 1年以上

職種:

電話番号:

体験レッスン希望日をご入力の上、送信してください。


【ハープ講師紹介♪】
グレースハープ厚木店の講師の先生方♪
楽しく丁寧なレッスンを心がけています!
【講師紹介】

大橋とも子先生
【プロフィール】
宮城学院女子短大卒。
上智大学カウンセリング研究所カウンセリング研修講座基礎コース終了。
医療事務、秘書、PCインストラクター、児童福祉関連。
アイリッシュハープ、グランドハープを小林美保子氏に師事。

【メッセージ】
小学校3年の頃、学校に来た室内音楽団の中にハープがありました。塔のように高く輝いていてそれはそれは美しかったです。ハープを目にした人生最初の日でした。

大人になったある日、インテリアのハープを見て「人生にひとつくらい自分の意志でやりたいことをやろう!」と思い、その日からハープは私の人生から切り離せない存在になりました。

アイリッシュハープの音色や多様性には底知れぬ広い世界を感じています。アイリッシュハープは誰が弾いても同じではありません。同じ曲を弾いてもひとりひとりの音色を奏でてくれます。ほんのちょっとテンポを変えたりアレンジを変えるだけで違う表情を見せてくれます。他の楽器との相性もとても良いし持ち運びが難しくないのも魅力です。

ハープをやってみたい・・と思っている方にお伝えしたいことがあります。

「若くないとできないのでは?」何かを始めるのに年齢は条件ではありません。それまでの経験値と観察力で補えば良いのです。「楽譜読めないから無理?」ハープの弦の配列は楽譜に似たようなもの、音符や記号は謎解きの暗号のようなものです。「指とか難しそう・・」指がどう動いて体がどう連動するかを理解すれば見え方が変わります。

アイリッシュハープの世界は宇宙と同じくらい未知数でいっぱいです。この魅力ある世界を深く楽しく味わっていただきたいと思います。



美与子先生
【プロフィール】

5歳よりピアノを始める。高校時代、吹奏楽部でトランペットを経験。
17歳よりハー プを始める。洗足学園音楽大学ハープ専攻卒業。ハープを
杉山敦子氏に師事。現在は 中学・高校の吹奏楽部でのハープ指導、
洗足学園音楽大学演奏、ブライダル、オーケストラ・吹奏楽等の
楽団の奏者として活動中。

【メッセージ】
みなさん初めまして! 講師の伊藤美与子です。 ハープは音色がとても
綺麗な楽器で、聴いている人はもちろん、弾いている人も癒さ れます*°
ハープに少しでも興味を持たれた方は是非、体験レッスンでその音色を
自分の指で奏 でる楽しさを実感して下さい! Let's enjoy the harp!!*\(^o^)/*



藤本睦美先生
【プロフィール】
国立音楽大学卒業後、渡独。フランクフルト音楽大学にて、
フランソワーズ・フリードリッヒ氏に師事。
教会やゲーテ大学などでのソロ、室内楽演奏や学内外のオーケストラで活動する。
マリー・ピエール・ラングラメ、グザビエ・ドゥ・メストレのマスタークラスを受講。
現在はフルートのデュオでサロンコンサートやチャペル・コンサート、また
福祉施設や病院での演奏も行っている これまでに、川崎かぐや、山崎祐介、
篠ア史子の各氏に師事。

メッセージ

皆さまこんにちは!
私が、ハープと出会ったのは小学4年生の時でした。小学校でフルートと
ハープの演奏会があり、その時初めてハープという綺麗な楽器を観て、
その音色にとても憧れてしまいました。

それからハープが忘れられず、「習いたい」とずっとお願いしていました。
そして4年後・・念願叶って習えることになりました♪
今はハープを毎日楽しんでいます!

皆さまもハープに出会われ、そして弾きたいと思われた気持ちを、
ぜひ叶えて頂きたいです。好きな曲が弾けるようになったとき、とても幸せな
気持ちになります。
ハープの音色に癒されながら、ゆっくり楽しくレッスンしていきましょう。
皆さまとハープと共に、楽しい時間が過ごせましたら嬉しいです♪


【ハープ教室 コース案内】


■アイリッシュハープ・コース(個人レッスン)
【スタンダードコース】

 レッスン日時:火曜日〜土曜日、10:00〜20:20(最終レッスンは19:40〜)
 レッスン詳細:月2,4回(1回/40分)
 レッスン料:8,000円/月2回、15,000円/月4回
 入会金:6,000円
 ※基礎をしっかりやりながら曲の練習もします。

■その他のコース
・1曲マスター・コース(個人レッスン)
 レッスン日時:火曜日〜土曜日、10:00〜20:20(最終レッスンは19:40〜)
 レッスン詳細:全4回(1回/40分)
 レッスン料:15,000円(追加レッスンが必要な場合は、応相談。)
 入会金:6,000円
 ※好きな曲をハープで弾いてみたい!そんな声にお応えするコースです。
 結婚式での演奏に!ちょっとしたパーティーで!

・3ヶ月コース、6ヶ月コース
 レッスン日時:火曜日〜土曜日、10:00〜20:20(最終レッスンは19:40〜)
 レッスン詳細:月2,4回(1回/40分)
 レッスン料:8,000円/月2回、15,000円/月4回
 入会金:6,000円
 ※仕事の関係で長く続けられるかわからない、という期限の条件付きの方に
 おすすめのコースです。

・短期集中レッスン
 レッスン日時:火曜日〜土曜日、10:00〜20:20(最終レッスンは19:40〜)
 レッスン詳細:2レッスン〜(1回/40分)
 レッスン料:4,000円/1レッスン〜
 ※特に遠方からお越しの方に人気のコース。1日で4〜6レッスン取るかたも
 いらっしゃいます!短い時間で習得いただくため、事前の打ち合わせが必要です。

・奏者養成コース
 ※ご希望により応相談。

・講師育成コース
 ※ご希望により応相談。



【2016年より開講】
●ハンマーダルシマー教室

体験レッスン、レッスン入会のご相談、お申込はこちらまで

ピアノの先祖とも称される、ハンマーダルシマー。2本のハンマー(バチ)を持ち、
台形のボディに張られた弦を叩いて演奏する、打弦楽器です。この楽器の持つ魅力は
何といっても、そのボディから想像できないほどの美しい音を、弦を叩くだけで
発音する事ができる所でしょう。音色の魅力ももちろんですが、より弾きたい曲に
チャレンジする事や、どんどん演奏が容易になるように演奏時に心がけるポイントなども
お伝えしていきます。初めての方や、指や体に負担がかかる姿勢が困難で楽器を
あきらめていた方などにも是非、チャレンジして頂きたい楽器です。


【コース案内】

・入会金:6,000円

・レギュラー・コース
 レッスン日時:応相談
 レッスン詳細:月2回(1回/40分)〜4回
 レッスン料:8,000円/月2回〜

体験レッスン、レッスン入会のご相談、お申込はこちらまで



【講師紹介】

康隆先生
【プロフィール】

神奈川県出身。高校在学中よりオカリナの演奏活動を一都三県を中心に展開。
国土交通省主催の音楽コンテストにて優秀賞受賞。FM局、NHK、ラジオなどへの
楽曲提供を通して作編曲活動も行う。2015よりハンマーダルシマーの奏法を習得。
DustyStrings ハンマーダルシマーシリーズでも最高峰の機種の1つ、D650 という、
4オクターブ半の音域をもつ大型のハンマーダルシマーを駆使する、国内でも
数少ない奏者として活動する。

グレースハープ厚木店およびグレースハープ町田・玉川学園教室にて
ダルシマー教室を開講中。


【メッセージ】

皆様、こんにちは!ハンマーダルシマーという楽器の名前を聞いて、
何を思い浮かべるでしょうか。この楽器には、心を落ち着かせる優しい余韻を
持つ音色があります。もともとはこそ、アイルランド〜アメリカフォーク音楽で
使用されてはいた楽器ですが、ジャンルの垣根の無い普遍性を持つ優しい音色です。
この音楽は出来て、あの音楽は出来ない、似合わない…そんな事がありません。
貴方の弾きたい気持ちにダルシマーは応えてくれます。

是非、ハンマーを手に取ってダルシマーにチャレンジして下さい。
貴方が沢山のレパートリーを弾けるようになって、音楽がもっと楽しく、
好きになれるようにお手伝いをさせて頂きます!



●オカリナってどんな楽器!?


「小さな鵞鳥(ガチョウ)」というイタリア語の意を持つイタリア発祥の陶製の管楽器です。

粘土をこね、焼成し笛を作る事は、紀元前のマヤ文明、また中国などでも存在していますが、形状は球型や卵型で指穴は4穴、6穴程度〜と音域は狭いものでした。

これを改めて、現在「オカリナ」として知られる、鳥の胴体を模した形状にし、なおかつ指穴も増やす事で格段に音域を増やし、より楽器としての機能を高めたのが、「ジュゼッペ・ドナティ」という人物です。

彼は19世紀のイタリアのブドゥーリオという小さな町に住んでいた菓子職人です。もともと音楽好きでバイオリンなども嗜んでいたドナティは、自ら作ったオカリナを町の人に吹いて聴かせ、楽しませていました。
やがて、大きさの違うオカリナも揃えて、楽器を触った事のある人も、ない人も一緒になって合奏する楽器として親しまれるようになっていきました。 その後、音を出せるまでに時間を要しない事や、非常に丸い、優しい音色を持つ事から世界中で愛され、普遍的な存在になると供に、楽器も改良がなされました。

今現在は12の指穴を持つ(音域は1オクターブと半分強)オカリナが最もポピュラーな存在となっています。

特に昨今では、国内を含め、アジア各国のオカリナ作家の楽器開発が盛んです。楽器単体での音域の狭さをカバーするべく、楽器上部に更に、高い音域を持つ管をつけ焼成したダブルオカリナ、更にその上にも管をつけ焼成したトリプルオカリナ、更に、更に高い音域を持つ管を付けたクワトロオカリナも存在します。

歴史としては、150年程という新しい楽器ですが、それだけに今後も楽器の性能開発や製作技術、そして演奏者の表現の幅も無限に拡がっていく所を目にする事が出来る楽器であり、その可能性と未来性を十二分に秘めた楽器ともいえるでしょう。

【コース案内】

・入会金:6,000円

 レッスン日時:相談
 レッスン詳細:月2回(1回/40分)
 レッスン料:6,000円/月〜





【講師紹介】

康隆先生
【プロフィール】
国土交通省主催の音楽コンテストにて優秀賞受賞。
高校在学中より一都三県を中心に演奏活動を広げる。
コンサートホール、ライブハウスのほか、福祉施設、百貨店、植物園など。
FM局、NHK、ラジオなどへの楽曲提供を通して作編曲活動も行っている。

【メッセージ】
「オカリナ演奏」においての三要素を挙げるとすれば、それは他の管楽器と同じく「姿勢、音程、リズム」となるでしょう。この三つの要素を、しっかり、じっくり・・・そして何よりも楽しく!学べることを心がけています。

教室のメンバー全員で合奏を楽しみます。オカリナは1本だけの響きも美しいですが、2本、3本・・と音が重なったときの美しさは格別です!オカリナは「人の声にも近い」と言われるように、合奏時には、合唱を聴いているような感覚を覚える事があります。

「音を出せるようになるまでの時間」はほとんどゼロです!「呼吸」という風を楽器に吹き込んであげるだけで楽器は自然に鳴ります。

感覚を掴んでしまえば、もうしめたもの。音階を覚えながら、次第に演奏に、そして音楽になっていきます。

練習では楽譜を使う事があります。しかし、レッスンの半分も楽譜に頼る事はしません。実際には楽譜を使わないくらいがオカリナの上達には良い側面があると考えております。
「楽譜が読めない・・」「吹けるのかな・・」と心配する事はありません!

何よりも楽器を演奏する事を楽しんで頂き、楽譜は一つの参考、海図として提供していきたいと思っています。「オカリナで吹いてみたいな」という曲がありましたらいつでもご連絡下さい。一緒に楽しい合奏を作り上げていきましょう!

CopyRightc Kanto-harp. ALL Rights Reserved.